メンバー紹介

笠原 速夫

  
笠原 速夫 KASAHARA HAYAO
地域経営局 フェロー

1959年生まれ。中央大学法学部卒。大学在学時よりマーケティング会社でデータ整理、報告書の作成オペレーターとしてマーケティングリサーチの現場を学ぶ。大学卒業後、マーケティング会社に就職しマーケティングプランナー・ディレクター、取締役を経て退社。自動車・家電・食品・トイレタリー・OA・不動産・広告など、様々なメーカーの商品・企画・販売・事業などの戦略提案を行う。退社後、本格的なマルチメディア社会到来に備えマルチメディア制作会社に転職。ホームページ・CD-ROM・TV番組等のコンテンツ制作に関わるアートディレクターを務める。1995年インターネットを利用したアンケートシステムに関する実証的研究に従事。1997年4月、有限会社オアシス・コミュニケーションズを設立。エンドユーザーマーケティング視点に立ったリサーチ・コンテンツ制作を基本に、さらに対応企業の幅を広げ、住都公団の新規企画住宅の研究に参加したのをきっかけに首都圏のSOHO向け賃貸住宅の企画・販売戦略提案やUR都市機構の様々な街づくりに参画。高齢者向けPCサービスの検討、携帯電話キャリアの新サービス実証実験などを行う。一方、全国デジタル・オープン・ネットワーク事業協同組合の調査・教育理事、財団法人社会経済生産性本部の主任および客員研究員なども務め、社会調査事業にも関わる。現場主義のマーケティングを信条としフィールドワークを重視している。
2014年9月より白岡市シティプロモーション事業の戦略策定業務より現業に関わる。
-----------------------------
主な兼務・兼業
有限会社オアシス・コミュニケーションズ 取締役