採択ビジネスプラン

ミコカフェプロジェクト






少子化や核家族化などが進む社会変化の中で、安心して出産・子育てができる環境づくりの一助となる「心の拠り所」を創出する事業。

群馬県高崎市にある山名八幡宮は、二股大根を備えると安産になるという「二股大根信仰」や子供の癇の虫を切り健やかな成長を祈る「虫きり祈願」が古より伝わり、安産や子育ての願をかける参拝者が訪れる。そこの神職として働きながら感じていることは、妊娠期、授乳期の母親が多くの悩みやストレスを抱えていること。特に初産の人や、都合で地域に友人・縁故者がいない人の孤独感や情報量の少なさからくる不安は相当なもので、そのケアやストレスの解消の必要性を強く感じている。

神社として、参拝者との対話や安産子育てセミナーを開くなどでしてきたが、手が回らずに散発的なものとなってしまう。産婦人科の病院や行政も定期検診や母親学級を開くなどしているが、それだけでは日々の多様な悩みの全てには対応できない。

当事業はそうした妊娠期、授乳期のお母さんたちの不安やストレスを和らげるために、神社が日本の地域社会で持ち続けてきた公共性や拠点性を活用して、安産子育てを応援するセミナーを開いたり、カフェ形式の交流の場を作ることで、妊娠を出産まで楽しめるようにサポートをしていくものである。





産子カフェプロジェクトとして次のような事業を行う。
  1.     マタニティーカフェ:アルコール、カフェインなどの飲食の制限を持つ妊娠時・授乳時のお母さんにノンカフェインのコーヒーや紅茶、ノンアルコールのドリンク、葉酸やカルシウムなど身体に良い食材を使ったランチやディナー、スイーツなどを一緒に作ったり、飲みながら会話を楽しむなどにより、妊婦が何かとストレスを抱える時期を楽しみながら過ごす場を提供する。
  2.     安産セミナー:妊娠期、授乳期の知識セミナー、つわりの緩和豆知識講座、赤ちゃんを迎える準備グッズセミナー、胎教の音楽会、子供の命名講座、妊娠中や産後の家計講座など、外部からも講師を招き定期的に開催する。
  3.     命名相談:子供の命名講座で基礎知識と心構えを知った上で、専任スタッフのサポートでお父さん、お母さん、家族が時間をかけともに考える。名前が決まったら、山名八幡宮の古式ゆかしい「命名の儀」と連携して、命名する。
  4.     安産の散策路:神社に自然に憩える場所や散策路を整備し、妊婦や子供連れの家族が運動や気分転換、情報交換にぶらり立ち寄る憩いの場として利用してもらう。そこで同じ悩みを持つお母さんたちの相互の触れ合い、情報交換、会話を楽しんでもらい、雑誌やインターネットだけでは得られない妊娠時・授乳期の幅広い情報交換をしてもらう。


企画立案者の高井俊一郎さんは、鎌倉時代から続く「山名八幡宮」の27代目の神職である。神社は古より地域の心の拠り所として幾多の時代の変化にも対応して今日まで続いてきた。誰が言い出したわけでもなく「安産・子育ての宮」として語り継がれ、科学技術が発達した世の中でも参詣する人が後を絶たない。

しかし今、「神社」の役割、在り方を問い直さなければならない時期にきている。かつて神社はその地域におけるまさに公共の場所だった。公民館、学校、集会場、図書館、文化交流の場など、いろいろな機能が備わって形成されていた。そこに神社の真の存在と継続意義があるように思い、もう一度原点に立ち返って、当神社を公共の場として利用してもらい、社会的な課題解決になるような活動ができれば、という思いで当事業を思い立った。

4年前から民生児童委員などの地域活動をしてきて、高崎市議会議員にも推挙され、現在2期目。議員として、神社で聞くお母さんの声を市政に反映させるような活動もしているが、行政には「できること/できないこと」「やるべきこと/やるべきでないこと」があり、社会問題に対し、地域に根差し細やかに対応することはできないのだと痛感した。行政にはできない、きめ細かな社会的問題解決のために、公共の場として山名八幡宮が活用され、神社の社会的存在意義が見直されるきっかけにもなれば、当事業を推進する意義は大きい、という。





神社の公共性、場所性を利用して、妊娠期、授乳期のお母さんたちの不安やストレスを和らげる交流の場を作ることで、お母さんたちが安心し、楽しめる環境を提供する。
  1.     提供価値:妊娠期、授乳期のお母さんたちの不安やストレスを和らげたり、楽しめるサービスやサポートを提供する。
  2.     量:妊娠期、授乳期のお母さんたちの数、サービスを利用するお母さんの数、満足感の向上、サービスメニューの拡大。
  3.     持続性: 「安産、子育ての宮」として知られている神社を活用することで集客しやすく、かつ、ローコストのオペレーションも可能となっている。
  4.     影響力:神社という場所を活用した出産サポート事業を通じて、コミュニティを再構築する試みが成功すれば、他の神社やお寺などへのロールモデルの提供、波状効果も期待できる。

iSB:その他 (3)
iSB:まちづくり (10)
iSB:医療 (1)
iSB:子ども子育て (10)
iSB:情報メディア (3)
iSB:環境 (3)
iSB:脆弱者支援 (3)
iSB:若者自立支援 (3)
iSB:農業 (4)
iSB:金融 (1)
iSB:障がい者支援 (7)
iSB:高齢者支援 (2)
関連サイト