プロジェクトニュース

地域協働プラットフォーム(まちづくり基盤)構築支援事業採択

地域協働推進機構が提案した「地域協働プラットフォーム(まちづくり基盤)構築支援事業」が、経済産業省「平成23年度地域新事業移転促進事業(ソーシャルビジネスノウハウ移転・支援事業)」に採択されました。

昨年度実施したハード事業(現代版「家守」事業)をオフライン事業(地域拠点整備事業)、ソフト事業(地域協働ポータルサイト構築・運営事業)をオンライ ン事業(情報基盤整備事業)として発展させ整理・体系化し、当機構のノウハウとして引き続きさまざまな地域への移転を図ります。  

また、ハンズオン支援先としては、昨年度の横浜・名古屋・京都に加え、仙台・岡山等の地方都市への移転を実施します。本事業の推進により、ソーシャルビジネス等を支援する中間支援組織の支援手法の高度化と効果性の向上を目指してまいります。