PRESS RELEASE

「地産地消型農業ビジネスによる雇用の創出」を目指します

地域協働推進機構は、鶴ヶ島市と協働して、「地産地消型農業ビジネスによる雇用の創出事業」を行います。

鶴ヶ島市は、急速な都市化により、離農や農家の高齢化による農業の担い手の減少、それらに伴う農地の減少と遊休農地の増加という問題を抱えています。その一方で、「生産者と消費者が混住している」という立地上の特徴をもっています。

そこで、同市の特徴を活かし、農産物の生産、販売、消費までを一つの「循環の輪」として捉え、地元で生産された農産物を地域の中で無駄なく有効に消費する仕組みを構築し、農の活性化を図ることにより、新しい雇用の創出を目指します。

この事業は、地域の特性を活かし、その地域における継続的な雇用の創出を図ることを目的とした、平成21年度埼玉県ふるさと雇用再生基金事業として採択されました。当機構は、鶴ヶ島市と協働して地域の課題解決に取り組んでまいります。


コメント
お問い合わせ
検索
関連サイト