PRESS RELEASE

平成21年度事業「映像による地域情報発信支援事業」成果報告

地域協働推進機構が、鶴ヶ島市(以下、同市)と協働で行った、平成21年度「映像による地域情報発信支援事業」の成果を報告します。

平成21年度は、「映像コミュニケーション事業」として、地域における活動を紹介する18本のコンテンツと、協働やまちづくりの事例を紹介する6本 のコンテンツを作成し、市民への情報発信を行うとともに、地域の方々と様々な地域情報・まちづくり活動のコンテンツを制作していく体制をスタートさせまし た。
「市民ディレクター育成事業」として、地域のグループや情報発信に関わる市民と連携しながら、定期的に「メディアカフェ」と「映像制作ワークショップ」を計9回行い、地域のメディアリテラシー、映像リテラシーの向上を図りました。

これらの活動が実り、新たに2名の雇用を生み出しました。
今後は、これまでの事業成果を踏まえ、市民や地域の団体による「自発的なコミュニケーション力とメディア活用スキルの向上」を目指すとともに、地域の出来 事や文化を伝え、住民も巻き込んで活動していける「地域プロデューサー」の育成と自律的な活動モデルを確立していくことにより、まちづくりに貢献してまい ります。


コメント
お問い合わせ
検索
関連サイト