PRESS RELEASE

地域協働プラットフォーム構築支援事業採択

地域協働推進機構が提案した「地域協働プラットフォーム構築支援事業」が、経済産業省「平成22年度地域新事業創出発展基盤促進事業(コミュニティビジネスノウハウ移転・支援事業)」に採択されました。

当機構で実施しているハード事業(現代版「家守」事業)とソフト事業(地域協働ポータルサイト構築・運営事業)から成るビジネスモデルをノウハウと して体系化し、「都市型モデル」として、横浜・名古屋・京都の3つの地域に対して、現場での実務支援によるハンズオンでの移転に取り組んでまいります。当 機構のノウハウを全国のさまざまな地域へ移転していくことによって、それら地域拠点を結ぶ施設間連携ネットワークを構築し、ソーシャルビジネス等のグッド プラクティスの共有化や、同様の課題を抱える全国の地域での事業展開に対する支援などを目指します。


コメント
お問い合わせ
検索
関連サイト