PRESS RELEASE

社会起業家の育成を通じ、地域社会の雇用創造に寄与します

地域協働推進機構は、「社会的企業育成支援事業コンソーシアム」として、内閣府の「地域社会雇用創造事業」(名称:iSB公共未来塾)を受託しました。

「地域社会雇用創造事業」は、社会的企業の人材育成と社会起業の支援を通じ、地域社会の活性化と雇用の創造を目的としています。
「社会的企業育成支援事業コンソーシアム」は、下記成果目標の下、東京・横浜・名古屋の三地域において「iSB公共未来塾」として下記二つの事業を実施し、社会起業家やそこで働く人材を養成していきます。

当機構は、東京地区において社会的企業の育成を支援していきます。

(1)社会起業家等人材創出・インターンシップ事業
・計18回(6期×3地区/会場)の研修プログラムを通じて、「公共の未来」を担う中核的な人材(社会起業家、社会的企業のリーダー人材・スタッフ人材、支援人材)を合計1,280名程度養成します。

(2)社会起業インキュベーション事業
・計12回(4クール×3地区/会場)のビジネスプランコンペを公募形式により実施し、合計180名程度の社会起業家を選出します。

iSB公共未来塾:http://i-sb.org/


コメント
お問い合わせ
検索
関連サイト