PRESS RELEASE

循環型農業のビジネスモデル拡大を図ります

地域協働推進機構は、鶴ヶ島市と協働して、循環型農業のビジネスモデル拡大を図ります。

鶴ヶ島市は、里山の景観を残しながらも、都心部からのアクセスが良いという、立地の特性があります。
その一方で、他市町村の例にもれず、耕作放棄地の増加や就農人口の減少問題を抱えています。

当機構は、当機構が昨年度行った循環型農業のビジネスモデルを検証し、そのモデルの効果的な拡大を図ることとで農の活性化を図り、新たな雇用の創出につなげると同時に、農村景観の維持と市民の食の安全の確保に努めます。

この事業は、地域の特性を活かし、その地域における継続的な雇用の創出を図ることを目的とした、平成23年度埼玉県ふるさと雇用再生基金事業として採択されました。
当機構は、鶴ヶ島市と協働して地域の課題解決に取り組んでまいります。


コメント
お問い合わせ
検索
関連サイト