PRESS RELEASE

平成22年度事業「農や自然を活かしたまちづくり」成果報告

地域協働推進機構が、鶴ヶ島市と協働で行った平成22年度「農や自然を活かしたまちづくり」事業の成果を報告します。

当機構は、自然あふれる同市の特徴を活かしたまちづくり事業を模索するため、先進的な農業・環境デザインビジネスを展開している他自治体・企業の事例の実地調査や取材を行いました。

それら調査と昨年度の実態調査の結果と合わせ、買い物難民解消と農家の利益率向上・廃棄農産物解消のための、野菜の移動販売を開始しました。さらに、地元業者や団体と、農を通じた事業やイベントを行い、地域ネットワークの構築や地域協働を実践しました。
市内外から参加者が訪れ、自然にあふれる同市の魅力をアピールすることができました。これらの活動が実り、新たに4名の雇用を生み出しました。

また、同市に最適な農業ビジネス案の立案と円滑な実施のため、有識者・地元農家・行政などで組織される農業専門委員会を設立しその運営を行うほか、当機構内に農業専従チームを設けることにより、専門家の視点と現場の双方から同市農業とまちづくりの発展に寄与しております。


コメント
お問い合わせ
検索
関連サイト