PRESS RELEASE

平成22年度:地域協働プラットフォーム構築支援事業について

経済産業省「平成22年度地域新事業創出発展基盤促進事業(コミュニティビジネスノウハウ移転・支援事業)」に採択された「地域協働プラットフォーム構築支援事業」が完了しました。

地域協働推進機構は、本年度事業において「※地域協働プラットフォーム」の基本的な考え方を整理し、主にハード事業(現代版「家守」事業)のノウハ ウを中心に体系化・標準化を図り、まちづくり拠点整備の導入マニュアルを作成しました。ソフト事業では、横浜・名古屋・京都の3つの地域に対して、地域協 働ポータルサイト「TOWN TIP(タウンチップ)」を構築・導入するほか、横浜においては拠点開設(事業化)までをハンズオンで支援しました。今後はソフト事業のモデルの高度化・ 体系化を図るとともに、仙台をはじめ、さまざまな地域に対してのノウハウ移転も計画してまいります。


コメント
お問い合わせ
検索
関連サイト