メンバー紹介

藤倉 潤一郎

写真 / 藤倉 潤一郎
藤倉 潤一郎
代表取締役

1968年生まれ。私立武蔵高等学校卒業。早稲田大学在学中、NTTキャプテン・システムの学生向け普及プロジェクトなどに関わり、1990年にユースマーケティ ング会社を起業。以来、参加型プラットフォームの構築・事業化を主な仕事とする。1997年、インターネット関連企業を主な構成員とする全国デジタル・ オープン・ネットワーク事業協同組合(経済産業省認可)を発起・設立し、代表理事に就任。財団法人日本SOHO協会(総務省認可) 調査研究事業管掌理事などを経て、2004年2月、千代田区の不活性な公的施設を活用したまちづくりの総合拠点を開設するため、プラットフォームサービス 株式会社を設立、代表取締役に就任。2007年4 月、地域活性化伝道師(内閣官房)、鶴ヶ島市協働政策幹に就任。 2008年11月、鶴ヶ島市の第三セクター方式による非営利型のまちづくり会社、地域協働推進機構の設立に伴い代表取締役に就任、現在に至る。
------------------------------
主な兼務・兼業
内閣官房 地域活性化伝道師
全国デジタル・オープン・ネットワーク事業協同組合 顧問
法政大学大学院「コミュニティビジネス論」兼任講師
 
2014年11月17日 13時00分 投稿者:fujikura

佐々木 博


佐々木 博  SASAKI HIROSHI
取締役 

1970年生まれ。京都出身。パソコン・ITのエバンジェリストとして、NHK教育テレビ「趣味悠々」にて12年間番組講 師を歴任。「シェアリングエコノミー」を研究テーマに、全国の地方自治体において、ITメディアを活用した地域づく り、自立・起業支援教育に尽力。主な講演やワークショップに「仮想世界にあるリアリティ<情報処理学会>(2008)」 「震災とソーシャルクリエイティブ<経済産業省/DCAJ>(2011)」「エシカルプレゼンテーション講座<内田洋行 >(2012)」「3Dプリンタで変わる私たちの暮らし<スルガ銀行/d-labo>(2015)」など。難しい用語やテクノロ ジーをわかりやすく伝える語り口には定評がある。近著に『AR(拡張現実)で何が変わるのか? (技術評論社))、『日 本的ソーシャルメディアの未来』など、40冊近い著書監修書籍を持つ。 
------------------------------
主な兼務・兼業
株式会社 創庵 代表取締役 

2014年11月17日 12時00分 投稿者:kanri

市川 潤

写真 / 市川 潤
市川 潤 ICHIKAWA JUN
地域経営局 施設事業担当ディレクター

1979年生まれ。明治大学を卒業後、商業施設の開発・運営を主とする事業会社にて、駅ビルや百貨店等の商業デザイン及び営業企画・コンサルティングに従 事。建築・不動産分野での経験を活かし、2009年より現職にてソーシャルビジネス・インキュベーターの企画・開発を中心として、遊休不動産の活用や公共 施設の指定管理・民営化プロジェクトを推進。2011年、横浜市「関内・関外地区活性化計画」のリーディングプロジェクトとして位置づけられる「関内 フューチャーセンター」の開設に伴い、同施設の運営を目的に設立された関内イノベーションイニシアティブ株式会社の取締役に就任。映像などを通じてソー シャルビジネスの先進モデルの普及・啓発に取り組む他、JBIA認定インキュベーションマネージャーとして、鶴ヶ島市パブリックビジネスセンター、東京都 の創業支援施設などにて社会的企業の支援に取り組んでいる。
------------------------------
主な兼務・兼業
関内イノベーションイニシアティブ株式会社 取締役
公益財団法人東京都中小企業振興公社 ソーシャルインキュベーションオフィスSUMIDA インキュベーションマネージャー
2014年11月17日 11時00分 投稿者:kanri

上村 光治

写真 / 上村 光治
上村 光治 KAMIMURA MITUHARU
地域経営局 教育事業担当ディレクター

1972年生まれ。埼玉県立不動岡高等学校卒業後、CAI(Computer Assisted Instruction)を活用した学習塾を設立。日本外国語専門学校卒業。佛教大学文学部卒業。2000年、コーチングとPBL(Project Based Learning)を活用したホームスクールを実践するバーチャルハイスクールの設立に参画。米国高等学校卒業資格を取得するプログラム構築、個別サポー ターとしての学習コーチの育成・マネジメントを担当。2003年より、内閣府構造改革特別区域法に基づく株式会社立の広域・単位制高等学校の設立事業マ ネージャー。システムコンサルティング、CSRと教育の連携事業等を経て、2010年より現職にて、「農や自然を活かしたまちづくり事業」を推進。現在は プロジェクトリーダーとして内閣府「復興支援型地域社会雇用創造事業」を通じた被災地に於ける社会起業家の育成支援事業を担当し、鶴ヶ島市パブリックビジ ネスセンター、東京都の創業支援施設などにて社会的企業の支援に取り組んでいる。JBIA認定インキュベションマネージャー。
--------------------------------
主な兼務・兼業

独立行政法人 防災科学技術研究所 契約研究員
 

2014年11月17日 10時00分 投稿者:kanri

八田 さと子

写真 / 鈴木 さと子
八田 さと子 HATTA SATOKO
地域経営局 地域活動推進担当ディレクター

1978年生まれ。女子栄養大学卒業後、有機農産物の流通会社に勤務。国際青年環境NGO A SEED JAPANにて事務局長を務めた後、2008年よりオーガニックビジネスプランナーとして活動を開始。有機農業総合支援対策・普及啓発事業(農林水産省 /NPO法人全国有機農業推進協議会)、社会的協働による山村再生対策構築事業(林野庁/山村再生支援センター)、有機農業モデルタウン事業/産地収益力 向上支援事業(いづれも農林水産省/小川町有機農業推進協議会)、農村起業や移住等を支援するなりわい創造塾(NPO法人共存の森ネットワーク)、はじめ る自給!地ビールチャレンジ(NPO法人トージバ)、コンセプチュアルショッピングモールNEW LANDなどのプロジェクトに事務局、プランナー、プロデューサーとして携わる。2011年より現職。鶴ケ島市を始め埼玉西部地域を拠点に食・農・環境・ 地域をテーマにした地域協働の推進に取り組む。
2014年11月17日 09時30分 投稿者:kanri

和田 裕平

写真 / 和田 裕平
和田 裕平 WADA YUUHEI
地域経営局 調査研究事業担当ディレクター

1973年生まれ。北海道大学大学院を終了後、都市計画コンサルタント、金融系シンクタンク等にて、都市計画、地域計画、地域経済等のコンサル ティング・調査研究に従事し、中心市街地活性化支援事業、都市開発の計画策定、PPP等の業務を担当する。2012年より、現職にて鶴ヶ島市でのエリアマ ネジメントに取り組んでいる。
2014年11月17日 09時00分 投稿者:kanri

太田 殖之



太田 殖之 OTA NOBUYUKI
地域経営局 フェロー

1976年生まれ。私立帝京八王子高校を卒業後、ゲームや製品パッケージのグラフィックデザイン、イラストレーションを専門とするフリーランスのデ ザイナーとして活動。2000年以降、インターネットの発達に伴い、ストリーミングサービスの開発など先進的な技術を活用したウェブシステムの構築に取り 組む。2003年、三鷹産業プラザ内のベンチャー企業にて、遠隔コミュニケーションシステムの企画・マーケティングに従事。2007年、ちよだプラット フォームスクウェアを運営するプラットフォームサービス株式会社にて、地域活性化プロジェクトを担当。島根県海士町・京都府宮津市「映像配信システムを利 用した交流促進事業」(地域ICT利活用モデル構築事業:総務省)においてプロジェクトリーダーを勤めるとともに、住民参加型の地域映像制作に取り組む。 2010年より現職。ICTを活用した地域課題解決モデルの構築、映像等による地域メディアの研究開発、啓蒙活動を行っている。

------------------------------
主な兼務・兼業
一般社団法人アスメディア 理事


2014年11月17日 08時00分 投稿者:kanri

田中 晃司



田中 晃司 TANAKA KOUJI
総務局 経理・会計担当

 

2014年11月17日 07時00分 投稿者:kanri

吉田 雄一郎


吉田 雄一郎 YOSHIDA YUUICHIRO
地域経営局 フェロー
 

1979 年生まれ。和光大学卒業後、医療機器メーカーにて企画営業に従事。2010年に独立し、飲食店経営及び飲食店コンサルティング業務を開始。中目黒商業施設 内の飲食店の新規立ち上げ等に参画する。その後、音楽芸能事務所の企画・営業を担当。2013年には福井県ふるさと起業家育成事業のアシスタントディレク ターとして、2014年より現職にて白岡市シティプロモーション戦略策定業務に取り組み、現在はクラウド・ソーシングやクラウド・ファンディング手法に取り組んでいる。
2014年11月17日 06時00分 投稿者:kanri

笠原 速夫

  
笠原 速夫 KASAHARA HAYAO
地域経営局 フェロー

1959年生まれ。中央大学法学部卒。大学在学時よりマーケティング会社でデータ整理、報告書の作成オペレーターとしてマーケティングリサーチの現場を学ぶ。大学卒業後、マーケティング会社に就職しマーケティングプランナー・ディレクター、取締役を経て退社。自動車・家電・食品・トイレタリー・OA・不動産・広告など、様々なメーカーの商品・企画・販売・事業などの戦略提案を行う。退社後、本格的なマルチメディア社会到来に備えマルチメディア制作会社に転職。ホームページ・CD-ROM・TV番組等のコンテンツ制作に関わるアートディレクターを務める。1995年インターネットを利用したアンケートシステムに関する実証的研究に従事。1997年4月、有限会社オアシス・コミュニケーションズを設立。エンドユーザーマーケティング視点に立ったリサーチ・コンテンツ制作を基本に、さらに対応企業の幅を広げ、住都公団の新規企画住宅の研究に参加したのをきっかけに首都圏のSOHO向け賃貸住宅の企画・販売戦略提案やUR都市機構の様々な街づくりに参画。高齢者向けPCサービスの検討、携帯電話キャリアの新サービス実証実験などを行う。一方、全国デジタル・オープン・ネットワーク事業協同組合の調査・教育理事、財団法人社会経済生産性本部の主任および客員研究員なども務め、社会調査事業にも関わる。現場主義のマーケティングを信条としフィールドワークを重視している。
2014年9月より白岡市シティプロモーション事業の戦略策定業務より現業に関わる。
-----------------------------
主な兼務・兼業
有限会社オアシス・コミュニケーションズ 取締役

2014年11月17日 06時00分 投稿者:kanri
RSS2.0KML